将来の家の修繕や、ランニングコストを減らすための『断熱工事』の重要性

新築住宅に限らず中古住宅においても、家の寿命に関わる断熱材。貴方はどれ位重要だと感じていますか?

一般的に、断熱工事をしっかりした住宅ほど家の構造材(柱・土台・梁)は長持ちすると言われています。それには湿気等が大きく関係しています。構造材が長持ちするという事は、自分が生涯住むであろう住宅の修繕費用が少なく済む事と同じ事です。

そして、断熱工事をしっかりする事で冷暖房費をかなり節約できます。近年、省エネ基準を大きく超える断熱仕様の住宅が多くなってきました。日本は5つの地域に区分されていて、Ⅰ地域~Ⅴ地域でそれぞれ断熱の基準が違います。

例えば、新潟県の新潟市はⅢ地域ですので、グラスウールを壁の断熱材に使用すると時の厚さは○○センチ以上。といった具合に基準があります。

断熱材も種類が沢山ありますが、コストパフォーマンスが高いと言われているのが『高性能グラスウール』です。パッシブハウスやゼロエネルギー住宅と言われている住宅がありますが、そういった住宅の多くではコストを下げつつ断熱を確保するために『高性能グラスウール』が多用されているようです。コストが安いために、壁や天井の断熱材の厚さを一般的な厚さの倍以上にする事もできます。

そうする事で、パッシブハウスと言われる高断熱住宅に近づく事ができます。

パッシブハウスでは、冬はほとんど暖房を使用せずとも家中が暖かいという環境になるそうです。では夏はどうかというと、外部の暑さを遮断出来るため外が30℃以上の環境でもかなり涼しい環境である事が多いようです。

そういった住宅は、断熱材だけでなく、冷気や暖気の出入り口と言われている窓も高性能な窓にしたり、換気システムも一般的な第3種換気システムではなく、給排気が機械で管理される第一種換気システムを選択している事が多いように感じます。

特に北海道や、山間部の最低気温が毎日氷点下になるような地域では、こういった断熱工事はとても重要だと考えます。暖房費の節約または冷房費の節約。そして、数十年後の修繕時のコストを減らす事に繋がるので、これから家を建てる人、または中古住宅をリノベーションする事を計画している方には、十分な検討をしてほしいと思います。