なぜ日本の住宅ではヒノキの建材が多いか

日本の住宅には、よくヒノキという建材が採用されています。なぜなら、その建材には2つ特徴があるからです。

まず1つ目の特性として、防腐性が挙げられます。そもそも住宅物件は、長く使っていれば老朽化してしまう傾向は確かにあるのです。しかしマイホームを購入する方々からすれば、できるだけ長持ちさせたいという本音はあるでしょう。

それでヒノキは、数ある建材の中でも非常に腐食しづらいのです。ですから寿命が長い住宅を希望しているなら、ヒノキを検討してみるのも悪くないでしょう。

それだけではありません。ヒノキには、アリに関する特性もあるのです。

そもそも住宅によっては、かなり多くのアリが発生している場合があります。もちろんシロアリがむやみに増えてしまいますと、住宅の寿命も短くなってしまう事は多いのです。

ところがヒノキという建材は、アリを防いでくれる効果が非常に強いです。ですから古くから日本では、ヒノキの建材がよく採用されている訳です。

 

“なぜ日本の住宅ではヒノキの建材が多いか” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。