瓦に漆喰での修繕

先週の事です、うちの県に大型の台風が来たのですが、幸いにも家族はみんな無事でほっとしたのですが、我が家の瓦をみてびっくりしました。瓦は残っているものの、棟瓦や隅瓦がずれていて今にも落ちそうだったのです。確かにあれだけの大型台風でしたから、家の被害が出るのは仕方ないのですが、きつく固定されていた棟瓦があれほどずれるとは思いませんでした。私は早速、いつもお世話になっている瓦屋さんに来てもらい、見積をとりました。今回台風での被害だったので、住宅保険が使えますので、見積額で安心して修理できることができます。早めに瓦屋さんにお願いしたので直ぐに修理を始めてくれました。

瓦屋さんによると今残っている瓦は無傷なのでほとんど既存の瓦を使える、あとは瓦の隙間を埋める漆喰を塗りこめばよいとのことでした。それから毎日数人の職人さん達がうちの屋根を修理してくれて、みるみるうちに元の整然とした棟瓦と隅瓦が姿を現しました。

最後に職人さん全員で瓦の隙間に漆喰を塗りこんで完成したのです。

黒い瓦に真っ白な漆喰とのコントラスト、改めて日本家屋の素晴らしさを感じたのでした。