新築、リフォームにおいても断熱材は重要

新築するにおいても、リフォームするにおいても、断熱材は重要なポイントとなります。いずれの工事にしても、完成してしまうと断熱材は見えません。だから完成見学会に行っても確認することができませんし、住宅展示場にしても壁のカットサンプルなどの説明用の資料のみでの確認となりますので、できれば施工中の現場見学会などに参加されることをお勧めします。そして何を見るかというと、しっかりと断熱材が使われているかどうかです。断熱材というと「部屋が暖かい」というメリットしか感じず、コストのためなら削減も、と検討されるユーザーもいますが、大きな間違いです。断熱材のメリットは、夏にクーラーなどの空調が良く効く、冬はもちろん温かい、そして何より結露が防止できるのです。結露とは冷たい水を入れたコップに水滴がつくのと同じで、家でも同じような現象が置きます。魔法瓶のように断熱がしっかりしているとそうなりません。家を守るためには断熱をしっかりすることで、結露から家を守ることができるのです。